FC2ブログ
02.28
Thu
20190223_14.jpg
20190223_20.jpg
20190223_21.jpg
20190223_15.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

久屋大通庭園フラリエにて、オレンジ色のキンセンカが咲いていました
ちょうど太陽の光が当たり、暖かな春の雰囲気を演出しているようです
そしてキンセンカなのですが…別名は「カレンデュラ」「ポットマリーゴールド」とのこと…
その「カレンデュラ」の英語のスペルが「Calendula 」…
キンセンカの学名が「Calendula officinalis」なのですが、
ラテン語で「月の最初の日」「1ヵ月間」を意味する「Kalendae(カレンダエ)」が由来だそうです
カレンダーの語源にもなり、一説では開花時期が1ヶ月ほどと長いことから付けられたそうです
こんなところでカレンダーの由来を知ることになるとはつゆ知らず…
他にもなにかの由来になる花はありますが、今回は勉強になりました

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
02.27
Wed
20190227_05.jpg
20190227_08.jpg
20190227_02.jpg
20190227_01.jpg
20190227_03.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

廊下全体を撮ると赤茶っぽくなって、光を追うと紫っぽくなる
記憶としては、1枚目と5枚目が目で見た感じに近いと思う
この日は冬の斜めに射し込む優しい光がとても綺麗だった
こういう屋内メインの施設へは、冬場に行くのがベターなのだと思う

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 2 trackback 0
02.26
Tue
20190225_02.jpg
20190225_01.jpg
20190225_05.jpg
20190225_03.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

名古屋駅周辺風景、最後はモニュメント「飛翔」で締めくくり
画像検索してみると、皆さんどこから撮ったの?という場所から、
この名古屋駅前の風景を撮ってらっしゃるのです
昼間はともかく夜景の場合「ここに三脚立てたの?」と聞きたくなるぐらい…
もしかしたら小型のものを使っているのかもしれません(憶測ですが)
もうちょっと下調べをして、今度は夕方から夜にかけて行ってみたいと思います

7回に分けてお送りした Nagoya Station around はこれで終わり
ご覧いただきありがとうございました

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.25
Mon
20190219_04.jpg
20190219_02.jpg
20190219_01.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

これを…プリントして部屋に貼ろうか?来年の年賀状にしようか?
住所しか知らないけれど、お世話になった人宛に送ってみようか?
撮った後、自己満足して一人で勝手にそんな想いを巡らせる…
そういうこともまた、写真の楽しみの一つなのだと信じているのです
やはり趣味は、適度に本気の遊びであって、楽しくないと疲れてしまうと思うのです

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.24
Sun
20190223_01.jpg
20190223_18.jpg
20190223_08.jpg
20190223_03.jpg
20190223_16.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

アイスチューリップと、その他フラリエの風景
昨日今日と、天候が春らしくなってきていますね
うちの近所では、個人邸の桜(種類は不明ですが)が満開近くまで咲いていました
外に出ないともったいない、と思うほど…春がすぐ近くまで来ていると感じます

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.23
Sat
20190222_01.jpg
20190222_02.jpg
20190222_03.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS

黒バックに近い雰囲気で、花に光が当たり黄金色に輝く…
逆光も好きなのですが、こんな艷やかな感じも蝋梅には似合いますね
もう蝋梅も終わりに近づいて、梅が咲き、そしてその次は…
春は花が咲きはじめる楽しみな季節です

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.22
Fri
20190221_03.jpg
20190221_02.jpg
20190221_01.jpg
20190221_04.jpg
20190221_05.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

天井や壁にあるステンドグラス、手すりや柱、照明などなど、
当時どれぐらいかけて作ったのだろうと思うぐらい手が込んでいる
大正時代であれ、それなりの税金を使ったのだとは思いますが、
よほど税収があったのかな?と考えてしまいます
そのおかげもあって入館料無料なのは嬉しい限りです

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.21
Thu
20190220_01.jpg
20190220_02.jpg
20190220_03.jpg
20190220_04.jpg
20190220_05.jpg
20190220_06.jpg
20190220_07.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

本殿の奥、渡り廊下をくぐったところに、それほど大きくないモミジの木が数本
外の通りからは完全に死角で見えないところに植わっていました
11月の終わり12月の初めの頃には紅く染まり、境内を彩るのでしょう
4月の桐の花も楽しみですが、この渡り廊下を彩る紅葉も、きっと素敵だと思います

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.20
Wed
20190219_03.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

ファインダーで太陽は覗けないので、ライブビューで枝の角度とか空の白飛び具合とか
何枚も何度も確認しながら撮れた今年最初のの花
水墨画のような感じに仕上げたかったので、現像で空の青色を少し抜いています
昨日の蝋と同様、自分のイメージ通りに撮れたのは嬉しいものですね
なので今日はこの一枚だけで記事にしてみようと思います
一枚だけでも見ていただけるような写真、もう少し増やしていけたら…と思うのですが…
自分で撮っておいて気に入ったので、早速スマートフォンの壁紙に設定しました(笑…

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.19
Tue
20190218_04.jpg
20190218_02.jpg
20190218_03.jpg
20190218_05.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

今年最初に撮った蝋梅は場所が限られていたので、今シーズン二度目の蝋梅
枝の感じがよく、逆光か逆光気味ぐらいを狙っていたので、イメージに近い感じで撮れた
淡い水色の空と逆光透過光の薄黄色の蝋梅の花
思っていた感じで撮れた時って嬉しいものですね

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.18
Mon
20190217_04.jpg
20190217_05.jpg
20190217_06.jpg
20190217_07.jpg
           20190217_08.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

大名古屋ビルヂングを下から見上げての撮影
このビル、遠くから見ると四角いビルなんですけれど、
近くで見ると1〜4階のガラス表面に何やら細かな模様が見られたのです
一面ガラス貼りというありきたりなデザインではなく、なかなか素敵な雰囲気
ビルの設計は大手ゼネコンになっているのですが、
このガラス面のデザインを手がけたのは「野老朝雄(ところあさお)」という人でした
ところあさお?全く聞いたことのない名前なんですが、
2020東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをデザインした人、と聞くと「あぁ、なるほど」と…
東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムが決定したのが2016年4月(その前年に疑惑がありましたが)
その前年2015年10月にこのビルが竣工しているので、時の話題を先取りした感、があるかもって思います
名古屋駅の、このビルの辺りを通りかかったら、少し見上げてみてはいかがでしょうか?
オリンピックのエンブレムデザインに通ずるのもが感じられる?かもしれませんね

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.17
Sun
20190217_01.jpg
           20190217_02.jpg
20190217_03.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

ここ久屋大通庭園フラリエで見られたアイスチューリップは、赤系、黄系、紫、白などなど
そんな中、このベージュにピンクのチークを入れたような色がとても可憐でした
大げさだとしても、見ていると幸せな気分になれる、そんな雰囲気があるのです
もちろん持ち帰ることはできないので、カメラで切り取るだけですね

1枚目はカメラのフィルター設定にある「ファンタジックフォーカス」を使用
今までふんわり写真を頑張って作ってきたけれど、これがあれば解決…かもしれません
本物のレンズフィルターには「フォギー」や「ソフト」などがありますが、
撮影時の編集で済んでしまう時代なのかなぁ、と思ってしまいます(しかもRAWデータは編集前データ)
今の所、花に限って使用していますが、夜景や動物、ポートレイトなど使える可能性は十分ありますね
とはいえ「デジタル編集がないと雰囲気が出ない」という考え方になってしまわないよう、
できるだけ「補助的な機能」だと捉えて撮っていこうと思っています

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.16
Sat
20190216_03.jpg
20190216_05.jpg
20190216_07.jpg
20190216_01.jpg
20190216_06.jpg
20190216_02.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

行ってみたかった名古屋市政資料館にようやく訪問
明治村のいいところをまとめたような場所、というと悪い気がするけれど…
来場者の半分くらいはカメラを持っており、それなりの人気がある場所なのだと思います
元は「旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎」という名前で、建物は国の重要指定文化財
大正時代に建てられたネオバロック様式の洋風建築は、外観も建物内も手が込んだ作りになっていました
調べてみたところ、この建物は名城公園の一部として含まれているそうなのです
確かにここから歩いて名古屋城まで行けるとしても、なんとなく不思議な感じがしてしまいます
そしてこの辺りにある明治・大正時代の建物の保存地区「文化のみち」の起点なんだそうです
それを知らずにして今まで「豊田佐助邸」や「文化のみち二葉館」を見学してきたという…逆周り
でもまあ、なかなか素敵な場所だったのは確かでした
夜には入れないけれどライトアップをしているそうです…綺麗でしょうね…

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.15
Fri
           20190206_06.jpg
20190206_05.jpg
20190206_04.jpg
20190201_08.jpg
20190206_08.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM
OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

この日は奥の方にある滝(大曽根の滝)が調整中か何かで流れておらず、
途中にある流れも止まっていて、その水面に太陽が反射して綺麗でした
なかなか滝が止まることはないので、ファインダーギリギリで二つの太陽が入ったのです
1月下旬では、まだまだ春らしい画を切り取ることは難しく…
あとはもう、カラカラに乾いた風景が続きます
もうそろそろ梅の花か早咲きの桜でも撮りたい…と思いますね

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.14
Thu
20190208_04.jpg
20190208_03.jpgにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

大名古屋ビルヂングの屋上庭園風景
春になったら何らかの花をつけるのかもしれない
小雪が舞い散る中、風に吹かれても、健気に春を待っているのでしょう

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.13
Wed
20190213_03.jpg
20190213_01.jpg
20190213_02.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

花の先から、春色キラキラの玉ボケを吹き出している…そんな感じ
何か春を先取りしようと、アイスチューリップを撮りに行ってきたのですが、
思っていた以上に素敵な画が撮れた…と自分でも思うのです
「花+空」とか、「花+鳥」とか、何かもうひとつ要素が欲しかったので、
今回このような画が撮れたというのは、自分にとって紛れもない収穫でした

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.12
Tue
20190212_02.jpg
20190212_01.jpg
20190212_03.jpg
20190212_04.jpg
20190212_05.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

>元年(1592)織田信長の次男信雄が、熱田に忠嶽(ちゅうがく)和尚を請じて、
徳源寺の前身である「清涼山宝泉寺」を開創したのが始まりである。
>寛文2年(1662)に昭和区石仏へ移り、「蓬莱山徳源寺」と改称した。
>寛保4年(1744)現在の地に移り、文久2年(1862)京都府八幡市(やわたし)
>円福寺の蘇山(そざん) 大和尚を請じて雲水修行の専門道場が創建(開単)された。
>禅堂は開単当時の建物で、戦禍から免れ、徳源寺最古の建物である。
>平成10年解体修理を行った。(徳源寺webサイトより)

この場所に移ったのは約275年前、前身まで遡ると427年前で安土桃山時代
歴史に疎いけれど、けっこうな歴史がある立派なお寺なのですね
寺院にはつきものの空襲を免れたのは「禅堂」「開山堂」「侍者寮」「仏殿」
先日記事にした涅槃像があるのが「仏殿」なのです
残念ながら「禅堂」は立入禁止区域の向こう側にあるようで見られませんでした
鐘楼はフェンスに囲まれており、修復中だったようです
禅寺の禅堂というのは、簡単に見たり入ったりできないのかもしれません
それはそうと、この徳源寺のウェブサイトから禅寺の大本山、京都の妙心寺のウェブサイトを見にいったのです
サイトを開いて驚いたのは、右上の方にfacebook、ツイッター、インスタグラム、YouTubeのロゴが並んでいました
ツイッターはお知らせなど、YouTubeには「御詠歌イベント『Let's GO詠歌Ⅱ』」などなど…
SNSなどを駆使してでも参拝してもらいたいほどの魅力が、きっとあるのだと信じています

歴史、仏閣について知識もなく疎いものですから、間違いなどがありましたらご指摘ください

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 2 trackback 0
02.11
Mon
20190211_01.jpg
20190211_05.jpg
          20190211_03.jpg
20190211_06.jpg
20190211_04.jpg
20190211_02.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM
OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

私が一番最初に一眼レフを買った時に作ったテーマは「光と影」でした
目に見える色って、光がないと現れないもので、光がないと真っ黒
黒色にも種類があると言うけれど、光のない世界の黒は同じ黒色

そんな中、光が作り出す影は、時に興味深い模様を作り出すと思うのです
今現在、特別なテーマを持って写真を撮っている訳ではないのですが、
時々こうやって初心に帰り、モノクロでもいいような影を探して撮っているのです
そのうち何か収穫があるかもしれませんし、無いかもしれません…

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.10
Sun
20190209_01.jpg
20190209_02.jpg
20190209_03.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

蝋梅って、じーっと見ていると本当は作り物じゃないの?とすら思えてくる
たまに飾ってある花が造花か本物か判らなくて確かめにいくことはあるけれど、
蝋梅の造花はさすがに見たことがない…ということでこれは本物なのでしょう…
という、蝋梅に対して思う個人的な感想なのでした

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.09
Sat
20190208_01.jpg
20190208_02.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

大名古屋ビルヂングから見上げるJRタワーズ
ビル上階の庭園に緑があるというのは、眺めも気分的にも良いと思えます
2枚目は空が綺麗でビルの間を雲が通っていくようにも見えました
同じような(同じ?)構図だけれど、どちらもそれぞれ捨てがたい
二枚ともゴーストがもっと派手で盛大に出てもらうと面白いけれど…なかなか簡単には出ない…

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.08
Fri
20190207_04.jpg
20190207_02.jpg
20190207_01.jpg
20190207_03.jpg
20190207_05.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

なぜ最近お寺が多いのか、というのはたまたまということ…
名古屋にある、ここ徳源寺は春になると境内に桐の花が咲くのです
昨年の春このお寺の前を通った時、あの大きな木の青い花(正確には青紫)はなんだろう?と思い、
家に帰って調べてみると、それが桐の花だったことが解りました
かなりの大木に青い花、これはいつか撮ってみたく下見をしようと思い、
その下見のための下調べをしていたら、ここには涅槃像と枯山水があるという情報が…
涅槃像と枯山水であれば季節はあまり関係ないかなと思い行ってきたのです
とはいえ天気は重たい曇空、常緑樹はもちろん葉を落としていました
境内にはその他、表通りから見えないところに紅葉の木があったりして、
秋の季節を彩るようになっているようです
涅槃像は目の前にすると、けっこうな威圧感と存在感があり、
なんだか撮ってはいけないような気がするほどでした
枯山水に関してはそれほど立派なものではなく、ぐらいの雰囲気
いろいろなカットを撮ってきたのですが、とりあえず春に咲く桐の花も楽しみなのです

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 2 trackback 0
02.07
Thu
20190206_09.jpg
20190206_01.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

久しぶりにタイトルをつけてもいい写真が撮れたように思えました
二人は何を見て何を話していたのだろう?と想像をかきたてられますね
何もなければ、ただ青い空が映った水面だったのですが、
そこに人がいるおかげで、いろいろと考えてしまうような、そんな雰囲気
何かを語るような、人それぞれ受け取り方が違う物語のような、
時々でいいので、こんな写真が撮れるといいな、と思うのです

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.06
Wed
20190205_02.jpg
20190205_03.jpg
20190205_05.jpg
20190205_06.jpg
20190205_01.jpg
20190205_04.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.

こういう時、単焦点一本ではちょっと厳しいけれど、
構図を考えたりするのも単焦点の楽しみだと思えるのです
この日泰寺は敷地が広かったので良かったけれど、
もうちょっと狭かったら・・・アウトだったでしょう…
頑張れ、単焦点

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.05
Tue
20190121_05.jpg
20190121_06.jpg
20190121_04.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

1枚目の水仙が輪になって踊っているように咲いていました
今まで水仙を含め、いろいろな花を撮ってきたけれど、
こんなに可愛らしく咲いているのは初めてだと思います
建築物もいいのですが、こういう瞬間があるので植物は和むのです…

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.04
Mon
20190204_02.jpg
           20190204_01.jpg
20190204_04.jpg
20190204_003.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

大名古屋ビルヂングのスカイガーデン通路と名古屋駅前モニュメント「飛翔」
このモニュメント「飛翔」は今年度から撤去が始まり、移設される予定になっています
撤去工事が始まる前に、この風景を撮っておきたいなと思いました
名古屋駅の東側はご覧の通り、車中心の作りになっており、
来たるリニア中央新幹線開通に向け、撤去後は緑のある広場になるそうです
名古屋駅は名古屋にとって、愛知県にとっても最大のターミナル
ましてや「デザイン都市なごや」と謳っているぐらいですから、
人々にとって居心地がよく、緑あふれる素敵な広場を造っていただきたいものです
リニア中央新幹線開業が2027年なので、あと約8年ほどしかありません
ある程度構想は固まっているのかもしれませんが、名古屋の人を含めここへ来る人々が、
「いいねぇ」「素敵だね!」と言ってもらえるような広場にしていただきたいと願うばかり…
移設する先も家族で楽しめるような、そんな場所になればいいと思いますね

20190204_005.jpg
↑急いで制作したので、いまいちです…

そして今日は立春、暦の上では春…なんですね
今日は気温こそ高かったものの風が冷たく、春は未だ遠し、といった天気でした
天気予報では暖かくなったり寒くなったりと波があるようで…
みなさま体調にはくれぐれもお気をつけください

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.03
Sun
20190202_01.jpg
20190202_002.jpg
20190202_03.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

とりあえず無事に撮れた蝋梅は、いつも通りの黒バック
明るめに撮りたかったけれど、なんとも狭いスペースなので限られてしまい…
そんな中、一枚目は本当に蝋細工で作ったような質感で、思ったように撮ることができた
もうちょっと時間をかけて、きちんとした場所でしっかりと撮りたい

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.02
Sat
20190201_04.jpg
20190201_09
20190201_05.jpg
20190201_07.jpg
20190201_06.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM
OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

今年最初の水遊び
ここに来ると毎回この場所で、奇跡的な何かが撮れると思って頑張るのですが、
なかなかそうは簡単に撮らせれもらえないのです
一番最後の一枚の水滴に、太陽の光が入ったのが精一杯
努力して撮れるものもあれば、そうでないものもあると思わされます
ここで撮った画像は数十枚ほど
メモリがいっぱいになるぐらい、日が沈むぐらいまで撮れば、
何か素敵な写真が一枚ぐらい撮れるかもしれませんね…

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
02.01
Fri
買い物とサイクリングの延長で日泰寺に行ってきた
薄曇りだったので、空が薄紫から薄い黄色のグラデーション
その中にうっすらと白い雲が、筋状で横向きに走っている
たまたまとはいえ、なかなか素敵な空に巡り会えた

20190201_01.jpg
           20190201_02.jpg
20190201_03.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.

日泰寺ってちょっと、いや、けっこう特別なお寺なのです
何が特別なのかというと、お釈迦様の遺骨(仏舎利)が納められているのです
宗派こそ様々ですが、仏教を開いたお釈迦様の仏舎利があるということは、とても貴重なことだと思えますね
どこのサイトを調べても、このお釈迦様の仏舎利は本物である信憑性が最も高いと記されています
wikipediaにはもちろんのこと、日本の外務省のサイトにまで紹介されているのです
とあるサイトでは「この日泰寺を世界遺産に」なんて事まで書いてあるほど…
それは確かに、と思ったりするんですが、申請するのであればとうの昔しているんじゃないでしょうか?
そもそも「本物である信憑性が最も高い」ということで、完全に言い切っていないのと、
仏舎利が見つかった壺に「ガウタマ・シッダールタ(お釈迦様の本名)の遺骨及びその一族の遺骨」
と書いてあったので、お釈迦様以外の遺骨が混ざっている可能性が高いと思えます
何かしら科学的に証明されれば問題ないと思うのですが…
ともあれ世界遺産登録にはとても労力や費用を要するので「登録されるの?されないの?」
などと一喜一憂するぐらいであれば、静かに見守っていたいですし、
お釈迦様も「私の遺骨で盛り上がらんでよい!」と言うかもしれません
そうそう大事なことで、日泰寺という名前は仏舎利を各地に分けたタイ王国と日本が由来なのです
日本の「日」とタイ王国の「タイ=泰」から命名されたもの
そしてこの日泰寺がある覚王山という地名も「覚り(さとり)の王」=釈迦から取った呼び名
由来などを調べ掘り下げていくと、とりとめもないぐらい長くなるようなので、この辺りで…

しかし買い物とサイクリングの延長でここへ行ったというと罰当たりな気もしますが、
素敵な空が見られたので良かったことにしておきたいと思います

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
back-to-top