FC2ブログ
01.07
Mon
ミラーレス機用に新たに購入した LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH. の試し撮り
全てJPEG撮って出しでシャープネスだけかけてます

20190105_01.jpg
最短撮影距離に近いぐらいで撮影
3cmほどの小さな花ですが、まあまあ近寄れました
日陰でも、そこそこの立体感があるように思えます

20190105_02.jpg
銅製(だと思われる)の蛇口
素材・質感の表現はできていると思います

20190105_03.jpg
開放で撮ると若干周辺露光落ちが見られるかなぁ、という感じです

20190105_04.jpg
絞り羽根7枚ですので、玉ボケはそれなりに綺麗な円形です

20190105_05.jpg
椅子にピントを合わせたつもりだったけれど、奥の手すりにピントが…
確認をしなかった自分のミスですが、ある程度距離をとっても前後ともに程よくボケてくれました

20190105_07.jpg
逆光でススキらしきものを撮影
撮って出しですが、ちょっとコントラストを上げてあげれば、
なんとなくススキらしい?画になるかもしれませんね

20190105_06.jpg
カメラの設定はニュートラルですが、少し赤みが出る感じでしょうか?
ただ単にモニターの色がおかしいのかもしれません

20190105_08.jpg
室内で少し絞っての撮影
周辺露光落ちもなくなり、画面全体が解像してくれました

20190105_09.jpg
ミニバラ、記憶だと撮影距離は約50cmぐらい
蛍光灯の下、赤色、ですがまあまあの立体感かな、と思いますね

20190105_10.jpg
購入した店頭で撮影したサンプルの本

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH.

使ってみての印象としは「想像していたよりは写りが良く、ボケてくれる」でした
とりあえず、なぜ OLYMPUS の 45mm F1.8 のレンズを選ばなかったかというと、
最短撮影距離が OLYMPUS 45mm よりも20cm近いからという簡単な理由です
フルサイズ換算85mmで最短撮影距離30cmなので、それなりに大きく写せます
遠景であれば45mmでも42.5mmでも画角はあまり気にならないと思ったのです(2度差)
ボケ味はタムロン90mmのように、とろけるようなボケ、ではなくて、
Canonの100mmのように、ただボケてくれるという感じでしょうかね?
撮影シーンによって不自然なボケ味を感じるのは、このレンズの個性でしょうか
レンズ内にも手ぶれ補正が付いているので、ボディ内手ぶれ補正と合わせてファインダーを覗くと、
タムロンの手ぶれ補正みたいにベターッと粘るような感じがします
一番困った点は、明るすぎるとシャッタースピードが足らないという事ですね
そんなにSSが必要なシーンは無いと思いますが、1/8000があればいいかな、と思います
E-M10 MarkⅡは1/4000までしかないので、足りない時は絞るしかありません
あとは短距離撮影時にAFが遠方に合ってしまうと、近くに戻ってこないという事
マニュアルリングで近くに合わせてから、またAFで合わせないと撮影ができない

総評して、この価格帯で、これほどまで写るのは期待よりも上でした
昨年11月に発売されたSigmaの56mm F1.4も考えましたが、ちょっと遠いかなぁと…
目で見た感じに近いフルサイズ換算50mmぐらいのレンズもいいですが、
これぐらいの距離の方が少し遠い被写体でも撮れますし、
近距離でも工夫次第で絵になる可能性があるのかな、と思います

まあ、こんなヘナチョコアマチュアカメラマンですので、これぐらいの感想でしょうか?
レンズの性能が上がっても、自分の腕を上げないといけないですし、
こんな素晴らしいレンズがあるのに、言い訳ができないと自分が追い込まれるわけですね?
このようなレンズレビュー?みたいな記事は書かないつもりでしたが、
マイクロフォーサーズを買って初めてのレンズだったので書いてみました

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

さて、何を撮ろうか?レンズを買うと考えるのが楽しみになりますね

コメント欄開けておきますが、返信は遅れると思います、ご了承ください

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
10.28
Sun
20181026_002.jpg
IMG_4550_01.jpg
IMG_4553_02.jpg
20181026_005.jpg
20181026_006.jpg

EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM

購入して約1ヶ月、使った感想として…
まずはとても軽い、これだけでも十分メリットはあると思いますね
先日の四季桜の時も、バッグに入れておいて良かったな、と思えます
画質の方は、キットレンズしか使っていないので、まだなんとも言えません
ただ先日 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO を店頭にて使ったところ、
このズーム域のレンズにしては、驚愕の写りだったのは確かです
店頭の印刷物を試し撮りして拡大すると、印刷の網点まではっきりと写るぐらい解像していました(恐ろしい…)
とりあえず標準パンケーキレンズの 14-42mm F3.5-5.6 はとてもコンパクトで、
このレンズでこの写りなら文句はつけられないというレベル、と思います
操作性はボタン類が小さく、当たり前ですがレフ機と比べると操作しずらいです
ボディが小さいので、手に持って歩いている時にボタンを押してしまったりする
これは慣れの範囲だと思いますが、それでも押してしまうような気がします
E-PL8も店頭で使ってみましたが、それよりは使いやすいと思いました
3年前の型落ちモデルなので、多少はEVFにタイムラグがあるのかと思いきや、気になるほどではなし
オートフォーカスは迷わず早い方で、普通に風景を撮るのであれば問題ないと思います
フォーカス自体は、網戸やクモの巣、ガラスの水滴など簡単にキャッチしてくれる
そのおかげで、網戸越しに鳥を撮ろうと思ったら網戸にフォーカスがいってしまう…
ISO高感度時(3200)のノイズは思ったよりも粗くなく、今使っている7Dより十分使えると思います
長時間露光で撮影をした後の画像処理の時間がやや長い(露光30秒で処理30秒強ほど)
昨今のカメラがそうなのかは分かりませんが、機能設定が非常に多くて使いきれない
これに関しては必要な設定だけを覚えれば済む事だと思いますが…
そんな機能の中でもデジタルテレコンは、なかなか興味深く面白い機能だと思います
まあ画像をトリミングして、デジタル処理で解像度を下げないという機能なのですが…
42mm(35mm換算で84mm)テレ端でデジタルテレコンを使用すると84mm(35mm換算で168mm)
レンズとして、0.2mまで近づけるのでマクロ的な扱いもできますね
一番問題なのはバッテリーの消耗がとても早く感じます、いや、早いです←重要
電池容量、EVFと液晶を常に使うのが原因だと思いますが、致し方なし(早速予備バッテリーを2個購入)
本体のデザインはシルバー/ブラックが結構気に入っています
その他ディティールの作りも、こだわりを感じさせられました

総評として、個人的には滝などを撮る時に山道を歩く場合、軽くて済むのが一番のメリット
Canonですと EF28-300mm という一本で済むレンズもありますが、
もし「ED 12-100mm F4.0 IS PRO」のレンズを買ったのなら、体力の消耗が減ると思います
ボケ味としては、センサーサイズが小さくなるにつれてボケないので、
フルサイズセンサーを活かして撮りたいものがある場合は、6Dを使うと思います
この価格でここまでのカメラが手に入るの?と表現すると大げさかもしれませんが、
レンズが2本付いて6万円でお釣りが出るという、そういう時代、技術の進歩なんでしょうね
約9年前に購入した EOS X3 から考えると、そう思わざるを得ません
ちなみに ミラーレス EOS R も試し撮りしてきましたが、レンズが非常に重かったです…

と、あくまでアマチュアである私個人の感想です

コメント欄開けておきますが、返信は遅れると思います、ご了承ください

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 0 trackback 0
05.10
Sun
velvia100_01.jpg
EOS 6D + EF100mm F2.8L IS USM etc

さて、ようやくフィルムを買ってきた
Provia100の方がプロが使っているのは知っているけれど、
とりあえず、Velvia100を選択…
まだ撮った事がないので、どうなるのかは分からないけれど、
フィルムの世界がどんな感じなのか、とても楽しみである

本日コメント欄を閉じさせていただきます、ご了承ください…

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
trackback 0
03.10
Tue
01_1502_sd_01.jpg
02_1502_sd_01.jpg
03_1502_sd_01.jpg
04_1502_sd_01.jpg
05_1502_sd_01.jpg
06_1502_sd_01.jpg

EOS 6D + EF24-70mm F4L IS USM

久々に、というかあまりの安さに釣られて買ったSDカード
1GBあたりの値段は50円を切っているから驚き(セール時)
一応世界一になった事がある半導体メーカーだから問題は無いと思ってる
10年保証も付いているし、10年後に壊れても問題ないレベル
しかしパッケージに書かれている「より高解像度の写真・動画を撮りたい方に」
ってのはメモリーとは全然関係ないので、謳い文句とはいえ誇張しすぎ
でもカード本体のデザインは結構気に入っている

本日コメント欄を閉じさせていただきます、ご了承ください…

trackback 0
01.21
Wed
PLの効果がようやく体感できた
とある水面で光が反射していたので、PL有り無しを試してみた
結果としては一目瞭然で、かなりの効果があった
手持ちだったけれど、撮った画像を液晶で確認してほぼ同じアングルで試し撮り
SSはPL有りで1/125、無しで1/20、F値固定(開放F4)
説明によると太陽の光から反射して90°が一番効果が現れるとの事だけれど、
この画像は背面右斜からの太陽の光が当たっていた(午後3時半頃)
この効果でこれからどんな画が生まれるのだろうと思うと…
楽しみではあるけれど、きっちり決めるのにはいろいろ苦労はしそう
しかしここまでSSが落ちるんであればNDとしても使えるのかも?
相当光が強かったらNDとしての効果はあまり無いのかもしれないけれど…
今度滝を撮りに行く時に試してみたいと思う
その時はNDも買って行くと思うけれど

01_1501_PL_01.jpg
PL無し

02_1501_PL_01.jpg
PL有り…水中が丸見えだ…

EOS 6D + EF24-70mm F4L IS USM + Zéta EX PL

コメント欄閉じさせていただきます、ご了承ください…

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます
大変励みになります…
trackback 0
back-to-top