FC2ブログ
02.21
Thu
20190220_01.jpg
20190220_02.jpg
20190220_03.jpg
20190220_04.jpg
20190220_05.jpg
20190220_06.jpg
20190220_07.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

本殿の奥、渡り廊下をくぐったところに、それほど大きくないモミジの木が数本
外の通りからは完全に死角で見えないところに植わっていました
11月の終わり12月の初めの頃には紅く染まり、境内を彩るのでしょう
4月の桐の花も楽しみですが、この渡り廊下を彩る紅葉も、きっと素敵だと思います

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
02.12
Tue
20190212_02.jpg
20190212_01.jpg
20190212_03.jpg
20190212_04.jpg
20190212_05.jpg

OM-D E-M10 MarkⅡ + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH.

>元年(1592)織田信長の次男信雄が、熱田に忠嶽(ちゅうがく)和尚を請じて、
徳源寺の前身である「清涼山宝泉寺」を開創したのが始まりである。
>寛文2年(1662)に昭和区石仏へ移り、「蓬莱山徳源寺」と改称した。
>寛保4年(1744)現在の地に移り、文久2年(1862)京都府八幡市(やわたし)
>円福寺の蘇山(そざん) 大和尚を請じて雲水修行の専門道場が創建(開単)された。
>禅堂は開単当時の建物で、戦禍から免れ、徳源寺最古の建物である。
>平成10年解体修理を行った。(徳源寺webサイトより)

この場所に移ったのは約275年前、前身まで遡ると427年前で安土桃山時代
歴史に疎いけれど、けっこうな歴史がある立派なお寺なのですね
寺院にはつきものの空襲を免れたのは「禅堂」「開山堂」「侍者寮」「仏殿」
先日記事にした涅槃像があるのが「仏殿」なのです
残念ながら「禅堂」は立入禁止区域の向こう側にあるようで見られませんでした
鐘楼はフェンスに囲まれており、修復中だったようです
禅寺の禅堂というのは、簡単に見たり入ったりできないのかもしれません
それはそうと、この徳源寺のウェブサイトから禅寺の大本山、京都の妙心寺のウェブサイトを見にいったのです
サイトを開いて驚いたのは、右上の方にfacebook、ツイッター、インスタグラム、YouTubeのロゴが並んでいました
ツイッターはお知らせなど、YouTubeには「御詠歌イベント『Let's GO詠歌Ⅱ』」などなど…
SNSなどを駆使してでも参拝してもらいたいほどの魅力が、きっとあるのだと信じています

歴史、仏閣について知識もなく疎いものですから、間違いなどがありましたらご指摘ください

↓にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
comment 2 trackback 0
back-to-top